入院が決まったときのこと【妊娠8ヶ月】

2人目を授かり

あっという間に後期に

お腹も目立つようになってよく張るし

体重増えてからだ重いだるい

フルタイム労働疲れる〜

という日々をおくっていました

いつものように仕事終わりに定期健診に行くと

そのまま入院になってしまいました

え?え?今から?

ちょっと待って!

お腹の張りは自覚があって

不安に思って定期健診より前に

診察を受けたこともあったけれど

子宮口は大丈夫だからと

お薬もらってお大事にねーと

案外アッサリ

前回の定期健診でも

お腹の張りはあって

その時も子宮口は大丈夫で

お薬の処方があっただけ

お腹が張るのは

まぁ仕方のない現象なんだな〜

今回は前よりかなり張るし

さすがに仕事休むよう言われるかな

程度には思っていました

診察では子宮口は全く問題なく

念のためにNST

やはり張ってるとのことで

薬飲んで計測続けてみると

張りがなかなかおさまらず

もう1錠追加で薬飲んで計測続けて

そしたらオカシイと

陣痛並みに張りがあります

これは良くないですねと

先生がやってきて

入院しましょうと。

とっさに

「え、困ります

えっと、安静にしてれば…」

先生「今、安静にして薬飲んでてこれだよ

点滴しないとね

ご家族に連絡してね」

ワタワタしてる間に

入院が決まってしまいました

「一晩で帰れますか?」

「うーん、点滴始まるとね

しばらくは無理だと思ってね」

長期入院を覚悟してね、と

家のことどうしよう

子供どうしよう

仕事どうしよう

悩んだところで

どうしようもできない

周りに迷惑かけてしまうことになり

家族にも職場にも

申し訳ない気持ちでいっぱいに…

子どもにも急に会えなくなって

出産入院なら

お兄ちゃんちょっと我慢させちゃうけど

協力してねって言えるけれど

こんなカタチだといつ帰れるかも分からないし…

お腹の子も同じ子どもだからね

命の重さは一緒だから

お母さんが守ってあげなきゃいけない

ってスタッフさんに言われた

どっちも大事な我が子

今は安静にして

ちゃんと正産期に元気な子を産んであげたい

わたしの出来ることはただただ点滴を受けるだけ

大変なのは周りの人達で

だからこそ申し訳なくてツライ

だけど

頼れる人たち

頼らせてくれる人たちに

恵まれていることに感謝して休むしかないんです

早く良くなって

退院できるといいな

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

にほんブログ村 マタニティーブログ 切迫流産・切迫早産へ

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク