入院費用はいくらかかるのか

切迫早産で入院することになり

金銭面にも不安がありました

入院費はいくらかかるのか

医療費が高額になった場合

健康保険から

限度額適用認定高額療養費制度があることを

知ってはいましたが

実際にどのくらいになるのか

〜〜参考までに〜〜

限度額適用認定

医療費が高額になりそうな場合に事前に申請

限度額適用認定証をお会計のときに提示すれば

自己負担限度額までの支払いで済みます

高額療養費制度

医療機関での支払いが高額になった場合

自己負担限度額をこえた額を

払い戻してもらえる事後申請の制度

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

看護師さんに聞いたら

だいたい1日1万円が目安になる

とのことでした

とはいえ入院日数が分からないので

把握しようがありません

入院日数が長くなるほど

入院費は増えていきます

限度額適用or高額療養費を使っても

月ごとの計算になるので

月をまたいでの入院になると

入院費がかさんでしまいます

そしてこの制度は

保険部分のみ対象になるので

差額ベッド代や食事代は別途自己負担に

なります

通っていた産婦人科は

個室しかないところです

当然、差額ベッド代が発生します

そして食事も豪華です

だから食事代もかなりかかってきます

出産入院なら短期間ですし

費用は概ね分かっているので

気にしていませんでしたが

優雅な個人クリニックゆえに

こんなカタチでダメージを負うことに

なってしまうとは

市民病院とかだったら

個室から大部屋か選べたと思います

ベビーと同室の産後は個室がいいなと思うけれど

切迫入院では大部屋でもいいかなって気もするから

ちょっと失敗した気分

ただ突然仕事を休むことになり

仕事の電話をたくさんする必要があり

まわりに気兼ねなく自由に電話できたので

結果的に個室でよかったと思いました

仕事の引き継ぎ電話だけでなく

入院にあたって必要な依頼をしたり

会社以外への電話もしました

入院費用に関しては

まずは会社へ

限度額適用認定の申請

申請がおりる前に退院できた場合に備えて

高額療養費支給申請書ももらっておきました

そして医療保険の準備

保険会社へ電話して

支給申請書の送付を手配しておきました

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

にほんブログ村 マタニティーブログ 切迫流産・切迫早産へ

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク